診療案内

内科一般

外観風景

内科

風邪、インフルエンザ、発熱、胃腸障害、頭痛、膀胱炎などをはじめ、内科全般を診療いたします。
急な体調不良や健康相談など不安に思ったときは、お気軽に当院にお越しください。

はっきりと風邪やインフルエンザなど症状がわかる場合はもちろん、何となく具合が悪いという場合でもお気軽にご相談ください。

糖尿病

糖尿病は食事でとった糖分を身体で使うときに必要なインスリンの異常から起こる病気です。

身体の中は“肥沃の中の飢餓”と言われるように、血糖(栄養分)はたくさんあるのにうまく使えないため、身体から糖分が排出されてしまう(糖尿)という状態になります。I型とII型がありますが、生活習慣病で罹患するのはII型です。

糖尿病の最大の問題点は、動脈硬化性疾患(虚血性心疾患、脳血管疾患など)、失明(糖尿病性網膜症)、透析(糖尿病性腎症)、神経障害の原因となることです。食餌療法や運動療法をおこない、カロリー摂取と消費のバランスを整え適正な体重へ戻す努力をすることはもちろんですが、それでも血糖値かコントロールできない場合には薬物療法(経口糖尿病薬、インスリン注射)などが必要になってきます。

院内のグリーン

高血圧

高血圧症は、持続的に血圧が上昇する病態で、その結果、心臓、眼底、脳、大動脈、腎臓など種々の循環器臓器に障害を起こします。

特に脳卒中になる可能性・死亡率は血圧と強い相関があり血圧のコントロールの重要性がうかがえます。
また、一般に高血圧が存在してもあまり症状がなく健康診断で指摘されることが多いので定期的に相談ください。

高脂血症

更年期以降の女性に起こりやすい生活習慣病のひとつです。基本的に高コレステロール血症などの遺伝的な原因とともに、加齢、食事・運動など生活習慣に起因すると考えられていますが、更年期の女性は血液中の脂質異常が起こりやすく、そのため動脈硬化による病気も起こりやすくなっていることにも注意が必要です。

自覚症状を起こすことはほとんどなく、検診により指摘され受診するケースがほとんどですが、動脈硬化の重要な危険因子であり、これにより脳血管障害や虚血性心疾患など動脈硬化性疾患を合併し生命に危険をもたらすこともあります。

漢方処方

漢方では性格・体質・生活・精神状態などを総合的に捉え、「証(しょう)」(体質・気質)といわれる全身の状態を診断し、西洋医学とは違った観点から治療を行っていきます。今まで治療を受けてきて、どうも効果がいまひとつで一向に症状が改善されない、なんとなく身体の調子が悪い、薬(西洋薬)の副作用に不安を感じている方も多いのではないでしょうか。身体に優しく副作用が少ないのも特徴の一つです。お気軽にご相談ください。

訪問診療・往診

定期的な「訪問診療」や、臨時の「往診」を訪問看護ステーションと連携しながら行っております。
詳細は窓口(0463-77-2575)までお問い合わせください。

診療時間・アクセス
 
午前
午後

午前…9:00~12:00 (受付:~11:30)
午後…15:00~17:00 (受付:~16:30)
休診…水・日祝・土曜午後

〒257-0003
神奈川県秦野市南矢名698-5
Tel. 0463-77-2575